おしらせ
おしらせ
作成日:2017/11/09
「業務改善助成金」「軽減税率対策補助金」、ご存知ですか?



<人事労務ニュース&助成金情報>

○パートの約7割が希望する今後の働き方はパート
○業務改善助成金、軽減税率対策補助金

非正規雇用での就労を望まれる方は、働く目的が「家計の助けになれば」であることが大部分ではないかと思います。

だからこそ、職場への不満が「賃金」「休日」など、いわゆる衛生要因的なものがほとんどになるのでしょう。

さて、そのような場合に活用できるかもしれないのが、
「業務改善助成金」です。

(厚生労働省特設サイト)
http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen/

・事業所内最低賃金の引き上げ
・一定の設備投資(POSレジ、業務改善システムなど)

が要件なので、利用される際には今後の「人件費計画」をきちんと立てておく必要があるでしょう。

私の個人的な意見ですが、
仮にこの助成金を使って設備投資をするのであれば、
POSレジは避け、他の設備を購入したほうが良いと思っています。

なぜかというと、レジについては、消費税の「軽減税率対策補助金」がまだ申請できるからです。

(軽減税率対策補助金)
http://kzt-hojo.jp/applicant/schematic_faq/

ただし、そもそも自社の商品が軽減税率の対象となるのかという問題、申請期限が来年1月31日までと迫っていることの制約がありますので、それらを十分に考慮してご判断いただくとよいでしょう。

・POSレジ⇒軽減税率対策補助金
・他の業務改善システム⇒業務改善助成金

とうまく利用される企業も、結構あるのではないでしょうか。

http://www.kurashi-setsuzei.jp/news_contents_4425.html

お問合せ
石垣貴久事務所
(税理士・社労士・行政書士)

〒460-0003
名古屋市中区錦2-17-11
伏見山京ビル511
TEL:052-232-0155
FAX:052-232-0156

(主な業務内容)
@起業・創業支援
A医業・介護・福祉事業経営支援
B事業承継支援

(対応地域)
愛知県名古屋市および豊川市、豊橋市、田原市、新城市など愛知県東三河地域など