おしらせ
おしらせ
作成日:2017/11/20
事業所内保育設置で割増償却ができるようになる?



<税制改正要望>

○事業所内保育施設を設置した場合の割増償却制度(要望)など

慢性的な人手不足の解消、従業員の定着率向上(離職率低下)等を目的として、自社従業員のための保育施設を設置する企業が、中小企業でも増加しつつあります。

来年度(平成30年度)の税制改正要望には、そのような社会の流れ・要請を受けて関係省庁から保育施設を設置した場合の税制優遇措置を設けるよう、要望が出されています。

ちなみに、事業所内保育施設といっても2通りあり、1つは「地域型保育事業」の枠組みの一つとして、「認可を受けて」設置される「事業所内保育事業」、もう1つは、企業(設置者)が自由に設置できる「認可外保育施設」です。

前者は規制等が厳しい反面、運営には国等から補助金が出ます。後者は規制等が緩やかな反面、運営資金は完全事業者負担です。

(参考リンク:東京都健康福祉局ホームーページ)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/…/h…/ninkagai/qa.html

なお、保育料に関する消費税の取扱いは、

@認可保育は、非課税(社会福祉事業)
A認可外保育施設の利用料については、原則的には課税されますが、国等の証明を受けることで、一定の利用料が非課税とされます。

(参考リンク:国税庁ホームページ)
https://www.nta.go.jp/…/zeiho-kais…/shitsugi/shohi/10/05.htm

個人的な意見ですが、消費税の課税事業者で、課税売上高5億円以上の企業が事業所内保育施設を設置する場合、その保育料が非課税売上げとなると、現在の消費税の複雑な計算のしくみによって、その企業の消費税納付額が増大する可能性が高くなると思われます。

ですので、消費税のことだけ考えれば、別法人を立ち上げ(資本金は1,000万円未満とすること)、その法人で認可外保育施設を設置し、国等の証明を受けて保育料を非課税とするのが良いのではないかと思います。

(当事務所ホームページ:他のページへのリンク)

http://www.kurashi-setsuzei.jp/medical_tax.html

詳しくお知りになりたい方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

 

お問合せ
石垣貴久事務所
(税理士・社労士・行政書士)

〒460-0003
名古屋市中区錦2-17-11
伏見山京ビル511
TEL:052-232-0155
FAX:052-232-0156

(主な業務内容)
@起業・創業支援
A医業・介護・福祉事業経営支援
B事業承継支援

(対応地域)
愛知県名古屋市および豊川市、豊橋市、田原市、新城市など愛知県東三河地域など