やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2019/11/19
休業や休職中の従業員の年末調整

[相談]

 産休や育児あるいは介護による休業、もしくは病気や怪我で休職している従業員が数名います。

 これらの者は、年末調整の対象者になりますか?


[回答]

 産休や育児あるいは介護による休業、もしくは病気等で休職している従業員についても、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していれば、対象外となる一定の事由に該当しなければ他の従業員と同様、年末調整の対象者となります。


 これらの者の年末調整で注意すべきところは、労基法76@に定める割合を超えて休業補償を行った部分は、所得税の課税はされませんので、年末調整の計算にも含めないところです(所基通9−24)。


 一方、休業あるいは休職期間中に本人から徴収した社会保険料があれば、社会保険料控除として年末調整の計算に含めます。給与計算ソフトであれば自動計算した合計を転記するだけなので忘れませんが、手計算の場合には拾いモレしやすい部分です。忘れないようにしましょう。(所基通74・75−3)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
石垣貴久事務所
(税理士・社労士・行政書士)

〒460-0008
名古屋市中区栄5-19-31
T&Mビル3階
TEL:052-211-8613
FAX:052-211-8614

(主な業務内容)
@起業・創業支援
A医業・介護・福祉事業経営支援
B資金繰り計画作成支援

(対応地域)
愛知県名古屋市および豊川市、豊橋市、田原市、新城市など愛知県東三河地域など