人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/09/18

今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金

 最低賃金制度は、最低賃金法に基づいて国が賃金の最低限度を定め、企業はその額以上の賃金を従業員へ支払わなければならないとする制度です。最低賃金には、都道府県ごとに定められる「地域別最低賃金」と特定の産業を対象に定められる「特定(産業別)最低賃金」があります。この地域別最低賃金は、毎年10月頃より改定されますが、今年も9月から順次、その金額と発効日が発表され、先日、下表の通りその金額が確定しました。すべての都道府県で24円以上の引き上げとなっています。

 2017年3月28日に公表された「働き方改革実行計画」では、最低賃金について、年率3%程度を目途として引き上げ、全国加重平均が1,000円になることを目指すとされていますので、この引上げは来年以降も続くことが予想されます。新規で従業員を募集する際はもちろんのこと、既存従業員で最低賃金を下回っている者がいないか、確認が必要です。


■参考リンク
厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

お問合せ
石垣貴久事務所
(税理士・社労士・行政書士)

〒460-0003
名古屋市中区錦2-17-11
伏見山京ビル511
TEL:052-232-0155
FAX:052-232-0156

(主な業務内容)
@起業・創業支援
A医業・介護・福祉事業経営支援
B事業承継支援

(対応地域)
愛知県名古屋市および豊川市、豊橋市、田原市、新城市など愛知県東三河地域など