愛知県名古屋市中区の、矢場町駅から徒歩3分のビルにある
ゼロから開業した42歳の税理士が経営する会計事務所です。

名古屋市の税理士事務所「石垣貴久税理士事務所」は、起業したばかりのあなたを徹底的にサポートいたします。
新設法人・新規創業個人事業主に特化していますので、起業時の会計・節税・経営ノウハウが豊富です。

石垣貴久税理士事務所の7つの特徴



創業したばかりの苦しいあなたを全力で支援します!


起業当初とは本当に苦しい時です。

私も、起業当初は相当に苦しみました。税理士の収入は累積型ですので、じわじわとしか儲かりません。

最初の数ヶ月は売上が月数万円で食べて行けないほどでした。
売上げがまだ少ないのに、時間と労力と交通費と交際費はたくさんかかり、貯金が減っていきます。

私はそのころから、お金もないのに、将来への投資としてコンサルティング会社やホームページ運営会社と契約していました。
「値段以上に役にたっているなあ」と私は思っていたのですが、あまりのお金のなさに解約を検討したほどでした。(幸いそのあとも、解約はせずに今でも付き合いは続いています。)

私もあなたと同じ起業家ですから、役に立つとわかっているものに、お金を使いたいのに、使えない、というあなたの苦しさはよくわかります。

将来利益が出るようになった時のために、申告はしっかりしなければならないが、とにかくお金がない。

利益がでたら、しっかり払うけど、今は無理なので勘弁してほしい。
(将来もとにかくずっと安くやってほしい、というお客様はお断りいたします)

そうお考えのあなたへ,私からのご提案です。



5人増加のたびに5千円ずつ増加


ご足労頂いてお会いしたとたんに、
「創業したばかりは9600円からの値段帯はお勧めしません。2万円からがいいです」とか、「会計入力に月5千円かかります」と実際には1万円で顧問する気がない、ということはありません。

石垣税理士事務所は本気で「起業家支援をしたい」と思っていますので、年商が少ないうちは、本当に年額13万円でご契約しています。
当月からの顧問契約をお約束頂ければ、本来12万円の経理丸投げ決算を5万円で請け負います。 

 

  • *決算間際からのご依頼の場合も、遠慮なくお問い合わせください。
  • *個人事業のお客様も同じ料金です。
  • *設立から3ヶ月以内、事業年度の開始から3ヶ月以内の場合は、年度の途中からでも上記の料金のみでお引き受け出来ます。決算間際に申し込んだ方が年間総額が高くなりますので、今すぐご連絡下さい。
  • *他の会社を経営・所有されている方、年収5百万円以上、または、資産5百万円以上の方は月額1.5万円・決算10万円以上の料金となります。
  • *売上1,000万円未満の月1万円の料金は事業が大きく動いていないことを前提にしているため、会計・申告処理は既存のお客様の合間での処理となりますので、タイムリーな月次が欲しい、毎月の利益が知りたい、海外取引など、取引内容・処理が複雑、部門管理がしたい、資産税など高度な税務の相談もしたい、というお客様は若干の追加料金があります。
  • (消費税別・上記の金額には通帳1冊、領収書250枚までの入力(記帳代行)が含まれています。この値段での契約を保障するものではありません。法人の内容・決算月によってはこの契約ができない場合もあります。別途必要な料金として、消費税申告料金(原則・簡易課税5万円)、給料の支給がある場合の年末調整料金(5人まで顧問料1ヶ月分)があります。)


≫お問い合わせ方法の確認はこちら

 

他の事務所に問い合わせてから、最後に弊所にご連絡下さい!

他の税理士さんに問い合わせをすると、年商が1,000万円ない会社でも
「会計事務所で会計ソフトに入力する場合には月2万円追加です」
「経理はしっかりやらないとダメだから別途ソフト代を払って毎月社長が経理を入力してください」
と言われることが多いと思います。

よく考えて下さい。これ、おかしくないですか?

面倒な経理・税務を任せたいから高い顧問料を払っているのに、どうして面倒な仕事の最たる物である会計ソフトへの入力を依頼できなかったり負担できないほど高い追加料金を取られるのでしょうか。

大きな会社は自社で経理をやった方がいいと私も思います。
しかし、このコロナ渦で売上げのないお店や会社が

経理に手間と時間をかけるのは自殺行為です!

今は売上げ・営業のこと以外は何も考えないでください。

石垣事務所はわずかな追加料金を稼ぐことよりも、
あなたの会社や事業が大きく飛躍することを優先します!



他の税理士さんから苦情が殺到しております。

今、既にご契約している税理士さんに弊所の料金を提示して値下げ交渉をするのは、絶対にやめて下さい。今の税理士さんは一生懸命サービスをしていると思います。弊所と他の税理士さんでは経営システムが違いますので、普通の税理士さんはこの値段ではまず確実に赤字になります。
今の税理士さんを信頼して契約を続けるか、弊所に依頼されるかのどちらかにして下さい。


≫お問い合わせ方法の確認はこちら

よくあるご質問はこちら

プロフィールはこちら


お知らせ
お知らせ

2020/08/20(ご注意ください)株取引の損失を申告すると、国民健康保険料が増える場合があります!
2020/08/20介護付有料老人ホームでの「食事の提供」には、消費税が課税される!
2020/07/02持続化給付金 税理士証明書作成業務の受付停止について
2020/02/22事務所を再移転いたしました!

>> 一覧へ

やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース

控除対象扶養親族が年内に亡くなった場合の扶養控除の適用2021/01/12
マイナポイントと所得税2021/01/05
給与所得の源泉徴収票の交付2020/12/29
年末調整後に配偶者等が異動した場合2020/12/22
年末調整/受給した「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金」の取扱い2020/12/15

>> バックナンバーへ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

在籍型出向による雇用維持支援と産業雇用安定助成金(仮称)2021/01/12
企業の年間休日数は平均109.9日に増加2021/01/05
年5日の年休取得義務化と押さえておきたい個別事例2020/12/29
多くの従業員を解雇等するときに必要な届出2020/12/22
情報通信機器を用いて医師の面接指導を行う際の留意点2020/12/15

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 人事労務に関する法令の中で、労働者数により制度の適用が分かれるものがありますが、「常時使用する労働者」や「常用労働者」というように法令で表現が分かれていることがあります。今回は、これらの定義について代表的なものをとり上げます。>> 本文へ

旬の特集
旬の特集

   

 中小企業の経営計画や事業計画の策定・運用現状に関するデータをみていきます。>> 本文へ

お問合せ


石垣貴久税理士事務所
(くらし・節税相談センター)
(併設:
  石垣貴久社労士事務所)

〒460-0008
名古屋市中区栄5-19-31
T&Mビル3階
TEL:052-211-8613
FAX:052-211-8614

(主な業務内容)
@起業・創業支援
A飲食店経営支援

(対応地域)
愛知県名古屋市、豊川市および愛知県全域